ACADEMICS = 学部紹介 =

 TOP
教育・研究

学部紹介

学部長
からのメッセージ

自校を大切に誇りに思うこと

本学は「歴史と文化の町」と称される鎌倉の地で開学されましたが、本学の歴史と文化は、これから学生と教職員とで、縦糸と横糸でタペストリーのように織り上げていくのです。学生の皆さんは、その自覚をもって、ひとりひとり、歴史と文化を創る過程に参加してください。そして、4年後には、鎌倉の名に恥じない教養と品格を身につけ、受けた教育、自らの学習、自分が修学した大学を誇りに思う看護職となっていただきたいと思います。

自分を大切にして看護すること

看護って何でしょうか。看護系大学と言われる大学を目指した皆さんであれば、少なくとも一度以上は自分で考えたことのある問いだと思います。それが正しい考えだったのか、間違っている考えだったのか、ずっと問い続けてほしいと思います。そして、自分だけの、もちろん自分だけにしか通用しないような独善的なものであってはなりませんが、あなたなりの看護観、看護論を持ち、センスの光る看護職になってください。自分を大切にできない人は他人のことも大切にしたり世話したりすることはできません。また、自分が困ったり悩んだりしたときに、人に助けを求められる人が、人を助ける力を持てるのです。

バランス感覚を身につけること

何事もバランスは重要です。人生も臨床場面も白黒はっきりしない、明確な回答のない出来事が多くあります。どのように決めてどんな答えを出したか、それが重要なのではありません。重要なのは、その人自身が決めて、出した答えに納得しているということなのです。わからないことは、わからないこととして受け止めること、リスクは怖がりすぎず、怖がらなさすぎず、そのバランスが重要なのです。今、正しいとされていることが明日は否定されることもある、それが科学です。
看護を目指す皆さんの成長、発展を心から願い、伸び伸びと学べるよう、尽力いたします。

確かな知識と豊かな感性をもち、
看護の対象に合わせた看護実践が
できる人材を育成する。

看護実践に対して研究・探究心を
もって取り組み、看護の発展に
寄与できる人材を育成する。

国際社会に積極的に
踏み出すことができる、
人間力を備えた人材を育成する。

看護の対象の想いに寄り添うことが
できる、共感力・共生の心を
もった人材を育成する。

資料請求はこちら

デジタルパンフレットの閲覧はこちら

(2021年度)
(昨年度)
(2021年度)

キャンパス紹介

主な実習先病院特集