大学院= 成人看護学領域 =

 TOP
大学院
成人看護学領域

疾病の予防、急性期、回復期、
慢性期、終末期にある対象者や家族の
状態に応じた看護探求していきます。

領域概要

成人期にある対象者や家族の健康とQOLに関する理論や概念を学修し、健康課題への解決へ向けての看護のあり方を探求します。あらゆる健康状態にある対象者への援助や疾病予防について、科学的根拠と最新の知見をもとに成人看護学を体系化しケアの質向上に寄与する課題を探求しています。

研究指導教員

黒田 裕子

黒田 裕子
成人期にある人々の健康維持、健康増進、急性・慢性の健康状態の回復とリハビリテーションに関わる問題に対して、学術的な視点から研究課題の明確化、ふさわしい研究方法論の選択・遂行を通して、エビデンスとなる成果の創生に取り組んでいます。

眞鍋 知子

眞鍋 知子
様々な健康状態にある成人期の対象者や家族に焦点をあて看護実践の基盤となる理論や概念を踏まえなながら生活習慣病の予防やヘルスプロモーション、疾患と共に生き抜くケアなどについて探求します。

和田 美也子

和田 美也子
あらゆる病期にあるがんとともに生きる人やその家族、支援する看護師に関するテーマを中心に、看護学の視点から、よりよいケアの探求に取り組んでいます。

領域の特色

成人看護学領域のカリキュラム紹介

博士前期課程

多様化、複雑化している人々のニーズに対応した看護の提供を目指した研究ができるような基礎的能力を有した人材の育成を目指しています。慢性期、急性期、周手術期、クリティカルケア看護の研究課題の究明に有効な理論や概念を理解し、ケアの質の向上に寄与する課題を探求します。興味関心のある研究テーマを設定し、成人看護学研究に取り組む基礎的能力の習得を目指し、論文作成取り組みます。

博士後期課程

クリティカルケア看護分野、慢性看護ケア分野をはじめ、成人期の対象者の多様な健康状態に存在する看護問題を明らかにするための研究課題を追究する学術的能力を獲得します。
関心のある研究課題を特定し、高度な研究能力を開発し、系統的な手順を踏んで研究目的を達成していきます。これを目指してデータ収集のための研究フィールドを開拓し、研究計画に基づいて調査や介入等を行い、分析、考察し、成人看護学研究における論文を作成し発表できるようにします。

【 連絡先:成人看護学領域 】

〒273-0066 神奈川県鎌倉市山崎1195-3
湘南鎌倉医療大学 大学院 成人看護学領域
TEL:0467-38-3131

黒田 裕子E-mail : y.kuroda@sku.ac.jp
(内線414)眞鍋 知子E-mail : t.manabe@sku.ac.jp
(内線418)和田 美也子E-mail : m.wada@sku.ac.jp

資料請求はこちら

デジタルパンフレットの閲覧はこちら

(2022年度)

パンフレット1分動画はこちら

(2022年度)

キャンパス紹介

主な実習先病院特集