大学院= 小児看護学領域 =

 TOP
大学院
小児看護学領域

子どもとその家族のQOL向上および
最善の利益をめざします。

領域概要

小児看護領域(博士前期課程・博士後期課程)では、様々な健康レベルにある子どもとその家族を対象とします。健康増進する子ども、障がいをもって生まれ生きぬく子ども、病気と闘う子ども、死がさけられない子どもなどあらゆる状況にある子どもと家族の最善の利益を基本に、子どもの尊厳が守られ、ひとり一人の子どもが可能な健康状態を維持し、成長・発達することができるよう、子どもの権利、子どもの身体的・心理的・社会的特徴や成長・発達過程を理解するための諸理論等を学びます。また、子どもと家族へのケアの質向上を追求する実践と研究方法や教育方法を探求します。

研究指導教員

野中 淳子

野中 淳子 湘南鎌倉医療大学 教授(小児看護学)
色々な状況にある子どもはどんな体験をしているのかなと思いながらも、子どもの笑顔に癒され励まされています。以前、小児専門看護師(CNS)コースを開設した教育経験等から、子どもにかかわる諸看護師方の現場で直面している看護の現象を言葉や文章にして他に伝えること、専門の多職種者との経験や考えを共有し合うこと、さらには行っている看護の意味を掘り下げていく作業が大事だと再認識しています。見る角度や深め方によって小児看護の魅力を再発見し積み重ねて、少しでも子どもとその家族のQOLに貢献していけたらと思います。

西村 あをい

西村 あをい 湘南鎌倉医療大学 教授(小児看護学)
小児を対象とした訪問看護に従事した自らの経験から、医療的ケア児や重症心身障害児と家族のケアに関心を持ち、小児訪問看護の課題や小児在宅医療における多職種連携に関する研究に取り組み始めました。今後は2021年に国会で可決された医療的ケア児支援法の行方を見ながら、地域で療養する医療依存度の高い子どもと家族のケアに関する研究を幅広く行っていきたいと考えています。

米山 雅子

米山 雅子 湘南鎌倉医療大学 准教授(小児看護学)
さまざまな健康課題や問題をもつ子どもや家族への看護実践を踏まえ、子ども自身が治療や処置に取り組む「ちから」を支え、主体性を育むための権利擁護「インフォームド・アセント」「プレパレーション」や、療養環境、子どもや家族を支える看護師支援に関連した研究に取り組んできました。
治療や処置に取り組む子どもたちやその家族の治療に向き合う姿や、子どもとその家族を支える看護師の技を言語化し、研究的視点から子どもや家族の健康課題や問題の解消、小児看護実践の質の向上に寄与できるよう日々取り組んでいきたいと思っています。

領域の特色

小児看護学領域のカリキュラム紹介

博士前期課程

小児看護学特論Mでは、子どもやその家族を理解するための研究動向および基盤となる概念や理論について理解し、分析能力と理論的思考を養う。小児看護学演習ⅠMでは、子どもの権利擁護、症状マネジメント、多職種連携や療養環境の整備の観点から看護支援システムを検討し、最新の知見を分析・考察するとともに批判的能力を培う。さらに、小児看護学演習ⅡMでは、子どもと家族に対して、看護ケアのエビデンスや院生の実践経験を活かしながらフィールドワーク等から看護実践ケアモデルを構築し、看護援助を実践する能力を修得する。

博士後期課程

小児看護学概論Dは、子どもと家族およびその周辺における幅広い小児看護学の観点から研究課題を見出し、テーマを追求するための基礎的能力を養う。特に子どもとその家族の健康問題や健康課題に関連する様々な現象を理解するための理論や概念を活用し、学習者の関心や経験を踏まえた領域で国内外の知見から多角的に分析的に考察する。小児看護学演習Dでは、小児看護学特論の学修を踏まえ、自らの経験や関心に基づき、看護の研究で扱う問題や課題および看護現象について知識を深め、研究計画書の立案、研究活動を通じ研究能力を養う。

【 連絡先:小児看護学領域 】

〒273-0066 神奈川県鎌倉市山崎1195-3
湘南鎌倉医療大学 大学院 小児看護学領域
TEL:0467-38-3131

(内線409)野中 淳子E-mail : j.nonaka@sku.ac.jp
(内線408)西村 あをいE-mail : a.nishimura@sku.ac.jp
(内線419)米山 雅子E-mail : m.yoneyama@sku.ac.jp

資料請求はこちら

デジタルパンフレットの閲覧はこちら

(2022年度)

パンフレット1分動画はこちら

(2022年度)

キャンパス紹介

主な実習先病院特集