大学院= 在宅看護学領域 =

 TOP
大学院
在宅看護学領域

ますます高まる在宅看護へのニーズを背景に、
在宅看護学の最先端の動向や知見をふまえ、
理念、対象、方法等研究的に探求していきます。

領域概要

わが国の社会保障制度の改革等を受け、在宅看護の需要はますます高まっています。また、在宅療養者のライフステージの多様化も明らかであり、医療依存度の高い方も増えています。他方、2022年度からの指定規則改定においては、「在宅看護論」が「地域・在宅看護論」となり、「地域」の視点と「地域」へのアプローチが強調されました。このような変動に呼応すべく、在宅看護学は研究・教育に貢献していきます。

研究指導教員

福島 道子
博士前期と後期の研究指導を担当いたします。研究を通じて混沌とした事象を解明できた喜びを、大学院生と一緒に体験したいと思っています。私の研究的関心は、地域環境や制度政策等の社会的変動の中での家族介護、在宅看護の地域づくりへの貢献、多職種連携等です。研究方法は、現象をまるごと捉える質的研究方法を得意としています。大学院教育に当たっては、大学院生の問題意識を大切にしながら、研究的探求を一緒に行っていきます。

小森 直美
在宅看護の生きた実践から現象を客観的に見抜き、理論的に分析して言語化することや、訪問看護師の継続教育、支援システムの開発など、在宅看護学の発展に資する独創性のある研究課題に一緒に取り組みます。

領域の特色

在宅看護学領域のカリキュラム紹介

博士前期課程

「在宅看護学特論M」では、在宅看護の目的・理念、看護援助、制度・政策等、在宅看護の課題を解くための基礎を学習します。「在宅看護学演習Ⅰ」「在宅看護学演習Ⅱ」では、持論を基礎として文献検討やディスカッションを通して在宅看護の向上を図る実践・研究の課題を明確にしていきます。

以上を基礎にして「看護学特別研究M」では、自身が定めた研究課題について研究計画から論文作成までを行います。研究課題を設定するにあたっては、大学院生の実践経験を研究課題に昇華させる過程を重視します。また、在宅療養者支援に留まらず、家族支援、入退院支援、地域包括ケアシステムの構築、多職種連携といった広い視野からの探求を指導していきます。

博士後期課程

「在宅看護学特論D」では、学習者の関心領域に焦点を当て、国内外の知見を分析的に理解していきます。「在宅看護学演習D」では、持論を基礎として国内外の研究を批判的に検討するとともに、研究デザイン、分析方法等について理解を深めていきます。

以上を基礎にして「看護学特別研究D」では、自身が定めた研究課題について研究計画から論文作成までを行い、自立して研究を行う基礎を学習します。研究方法の設定にあたっては、その背景にある哲学についても吟味します。研究計画書の作成・データ収集分析・執筆・発表にあたっては、研究者としての態度や在宅看護の現状認識等について大学院生と議論しながら進め、共に成長する過程を大切にしていきます。

【 連絡先:在宅看護学領域 】

〒273-0066 神奈川県鎌倉市山崎1195-3
湘南鎌倉医療大学 大学院 在宅看護学領域
TEL:0467-38-3131

(内線402)福島 道子E-mail : m.fukushima@sku.ac.jp
(内線422)小森 直美E-mail : n.komori@sku.ac.jp

資料請求はこちら

デジタルパンフレットの閲覧はこちら

(2022年度)

パンフレット1分動画はこちら

(2022年度)

キャンパス紹介

主な実習先病院特集