feature = 教育の特色 =

 TOP
教育・研究

教育の特色

湘南鎌倉医療大学は2020年4月に開学した新しい大学です。新しい大学でありながら、充実した学修内容と実習体制が整っていることが本学の特徴です。また鎌倉という立地条件を活かした学びも取り入れ、幅広い教養を身につけるため様々なサポートを学生に行っていきます。特色4つをご紹介します

学修ポイント

人としての成長をサポート
人間への理解を深め、社会に生きる人間として大切な倫理観や幅広い教養を身につける等、人としての成長を
サポートします。

看護学の最新知識・技術を修得
看護職に必要な専門科目を教授陣の親身な指導で学修できるカリキュラムで、看護師国家試験受験資格が取得できます。
地域医療を支える知識や技術、高い人間性と倫理観をそなえた医療の専門職を育成します。

徳洲会グループのバックアップによる実習体制 神奈川県内に所在する医療法人徳洲会グループの施設が実習受け入れ施設であり、大学から 概ね1時間以内で実習先に行ける利便性が確保されています。 主に、湘南鎌倉総合病院、湘南藤沢徳洲会病院、茅ヶ崎徳洲会病院、大和徳洲会病院、 日野病院、などの病院のほか、クリニック、訪問看護ステーションにおいて実習ができます。

地域に根ざした学修「鎌倉の文化と歴史」「島嶼(とうしょ)看護」などの
特色ある科目を通して、幅広く地域の人々の生活を
理解することによって、看護の
専門知識・技術の応用力を
高め実践的に生かすことができるよう学修します。

鎌倉の文化と歴史/
鎌倉の立地を生かした講義
災害看護/TMAT*
による医療援助活動の講義
島嶼(とうしょ)看護 /
離島・僻地を学ぶ(座学)
*災害援護活動 TMAT
(TOKUSHUKAI Medical Assistance Team)

TMATは、世界の人々の生命と健康を守るため、医療・災害支援・教育などの総合的な医療支援を各国政府やNGO、地域団体と協力しながら活動しているNPO団体です。

資料請求はこちら

デジタルパンフレットの閲覧はこちら

(2021年度)
(昨年度)
(2021年度)

キャンパス紹介

主な実習先病院特集